大阪・やすらぎ支援の会

「会」のホームページが2018.10.31で表示できなくなっています。

原因はプロバイダー会社閉鎖のため使用できなくなっています。

新しいホームページ開設するまで、しばらくお待ちください。

ご迷惑をおかけします。

区役所との懇談に参加 生活保護問題

14:00~16:00、生活と健康を守る会が8月に提出した生活保護制度の改善を求める要望書に回答がありました。

その回答書について本日区役所担当部門と懇談を持ちました。佐藤倫理城東生健会会長、大阪府連の大口会長、私・岡本孝志城東生健会顧問も始まる前に参加者にあいさつ(写真)をしました。
懇談では、吉村大阪市長が国会で「市財政の15% 2,823億円生活保護費に支出している(実際は国が四分の三を負担+調整交付金があり、実質は60~70億円の市負担)」「医療費の一部負担導入の提案」したが、その誤りを我々が指摘し、吉村市長発言を区担当部局の見解を求めました。
参加者からは、夏の酷暑で電気料金が高くなりその補てんの必要性が出されました。ケースワーカーが120人~130人/一人の担当している異常な実態(国基準は80人)も問題になりました。生活保護受給者の切実な声を訴えたが、国や大阪府・大阪市の政策の転換が必要であることは、回答を聞いていて強く感じたことでした。

 

DSCN3405

まちづくり研究会に参加しています

13:30~「まちづくり研究会」に参加。東成区・城東区・中央区の境界である大阪城公園・森之宮・中道地域に関わる個人が集まって情報交換を月1度の頻度で集っています。
最初は成人病センター移転問題からスタートし、中道地域のまちづくりや森之宮開発などを研究しています。
今日の各区交流では次の項目などを交流。

東成区・・・成人病センター移転後跡地にある囲い塀に「フェンス ペイントイベント」計画がある。民泊被害の広がり。

城東区・・・生活相談では家賃支払い困難事例が多発。UR退去時に畳・ふすま補修費用請求問題。UR団地内に保育所移設と特養建設計画が出ている。障がい児童デイサービスの実態。

中央区・・・小規模保育所の新設が多数でている。3歳児問題。

本日の討議テーマは「大阪城公園の変わり果てた実態」が資料をもとに報告されました。研究会では、大阪城公園のウォッチングで今の実態を再認識してみようとなりました。

後援会ニュース 4/20号です

城東区党後援会ニュース4/20付号の印刷が出来上がりました。

今号に私・岡本孝志は2本の記事を書いています。「焦点」と「コーシータイム」です。ご笑覧ください。

 

img244 img243

後援会ニュース(2018.2.20付)の印刷ができました

2/20付「城東区日本共産党 後援会ニュースが印刷できました。
1面には、日本共産党大阪府委員会が来春の府会議員選挙の候補者(第一次分)発表。城東区では私・岡本孝志が前回に続き挑戦する事を紹介しています。
2面の定番の「コーシータイム」では、「私と腹話術」と題し、私の芸名「春風ルカ」と亡き妻の縁について記しています。

 

img239

憲法署名のロングラン宣伝行動

11:00~14:45、スーパー「イズミヤ」前でロングラン宣伝&3000万署名に参加。私は「憲法城東連絡会」の代表の為、準備から後片付けまでの通し参加。
この行動、13団体、66名が参加して頂きました。署名も対話も進みました。

 

DSCN1865 DSCN1868 DSCN1878 DSCN1898

 
Page 1 of 6412345...102030...Last »