ブログ

病院の待合室で

 病院の待合室で小学生低学年らしき女児がカバンから本を取り出しました。

 どの様な本を読むのかな?と見ました。開いたページに時計の文字盤があります。

 時計の針をクルクル回し、スイッチ?を押すと「〇時〇分」と音声で教えてくれる

 仕組みの本の様です。

 3時とかぴったりの時間は判る様です。母親が「三時半にしてみよう」と言っても

 文字盤をクルクル回すだけ。まだ〇〇分が判らないみたいです。

 そういえば私も小学2年の頃だったか時計の時刻が判らなかった事を思い

 出しました。「がんばれよ!女の子!」と心の中でつぶやきました。