ブログ

蒲生4丁目で新年初めての宣伝

蒲生4丁目交差点では毎週第二、第四金曜日7:30~8:15定時定点

宣伝を行っています。

今日は2015年の最初の蒲生4での宣伝行動を行いました。

後援会員さんが「城東民報=都構想問題」を配る中、山中智子市議と

私 岡本孝志城東区府政対策委員長が交替でマイクを握り訴えました。

山中智子市議は大阪都構想の問題点をこの間の市民いじめの諸政策を

示し「大阪都をバラ色に描いているがウソとごまかし」であると厳しく指摘。

「いっせい地方選挙で日本共産党を大きくして決着をつけましょう」と

訴えました。

私、岡本は総選挙の結果報告をし、「安倍首相は総選挙が終った後に

『憲法改悪する事が信任された』とし、総選挙では『アベノミクスが選挙の

争点だ』と言っていたのに」と指摘し、今年が平和・民主主義が問われる

年になるので頑張る決意を述べました。

自転車に乗った婦人の通行人は信号待ちの時間帯に話かけてきました。

「総選挙で共産党は伸びたね。名前を変えたらもっと伸びていたのでは」の

発言がありました。信号が青になり、私が説明する間もなくその方は発車して

行きました。

 

004 002