ブログ

映画「圧殺の海 沖縄・辺野古」を見る

 AM10:00十三の「シアターセブン」で映画を見ました。作品名は「圧殺の海 沖縄・辺野古」です。藤本幸久・景山あさ子監督のドキュメンタリー映画です。

 2013年12月、当時の仲井間沖縄知事が辺野古の海を埋め立てする事を「承認」しました。工事は2014年7月1日(集団的自衛権行使容認の閣議決定した日です)に始まりました。

 私は辺野古の基地建設には反対です。支援に行きたくても、候補者活動などもあって行けていません。しんぶん赤旗の記事やFBで情報は知っていましたが、この映画を見て全体像が判りました。知っていたものはごく一部でした。

 沖縄県民の粘り強い運動。そして明るいのです。すばらしい!!

 一方、沖縄防衛施設局、警察・機動隊、海上保安庁、警備会社(アルソック)の敵意ある言動や無表情に怒りが湧いてくるシーンが多々ありました。

 ぜひ2月6日まで上映していますので、見る事をお勧めします。