ブログ

四日市の「後援会総会と新春のつどい」に参加

 多忙な候補者活動をしている私ですが、三重県四日市は私の党活動スタートの場所。4年前のいっせい地方選挙は私、四日市で運動をしていました。2010年3月に定年退職し、大阪に戻らなくてはいけない所でしたが翌年(2011年)4月の選挙で山本りか市議が県議選挙に挑戦するとの事で1年選挙専従をする事になりました。ところが山本市議の県議挑戦に反対意見が出て現職の萩原量吉さんが出馬する事になったのでした。2011年の選挙結果は前半戦の県議選は萩原は14票差で次点。後半戦は加藤清助・山本りかの両現職と新人の太田のり子が3議席を目指した。結果は太田さんが10票差で次点。24票差で2名の議席を失った悔しい結果でした。

 今回は、萩原さんに代わり「山本りか」市議が県議選挙に挑戦します。私は彼女が新人候補者として高校の先生を辞職して市議に挑戦した8年前から彼女を応援してきたのです。当時現役の会社員であった私が単身赴任で四日市に勤務していました。私は居住支部の支部長をしていて、私の支部の管轄地域下に山本りかさんが住んでいました。その関係もあり、彼女の宣伝には極力時間を都合して一緒に行動をしてきたのです。

 今回私が候補者になったので山本りかさんの応援はかなわない事になりましたが、「せめて1回はエール交換に参りたい」の思いで今日、後援会総会の機会に四日市に参った次第です。

 四日市の市議選挙は定数が2議席減。そこに加藤清助(現)、太田のり子(新)、豊田つかさ(新)の3名が挑戦します。私はこの総会のⅡ部であいさつし、「県議空白克服、市議3名全員当選をなんとしても」と訴え、腹話術も披露させて頂きました。女性後援会の皆さん方からは「お忙しい候補者活動の時間を割いて応援に来て頂いてありがとう」と思いがけない寄せ書きを託されました。うれしい!!

 昼食は駅前のうどんの店で「カレーうどん鍋」を食しました。

 

005 004 012 026 025