ブログ

今日も多忙な一日でした。重税反対全国行動ではあいさつをする。

7:30~8:15私の地元である蒲生1丁目1番地で朝宣伝。ここでは初めて実施しました。JR京橋駅北口が京橋駅のメインです。そこは都島区になるので朝立ちは京橋駅ではしていなかったのです。しかし、城東区民はJR/京阪京橋駅を使用している方が大勢いる。そこで人の流を見て蒲生1丁目で通勤客を目指して今朝宣伝をした次第です。

 10:00~12:00「重税反対全国統一行動」に呼応して12日に城東区では開催。全国的には13日開催ですが、城東区では一日早く開催となりました。その理由は区民ホールが13日に予約出来ず他団体が押さえていたので一日早めたのです。主催者あいさつでは民商会長が「民商会員が前年より増えて本日の集会を迎える事が出来た」との発言があり、業者運動の粘り強い運動の反映と喜ばしい報告でした。来賓あいさつで私と山中智子市議会議員の順でお話させて頂きました。

 私は、経済同友会の財政・税制改革委員会委員長が麻生大臣と面談(3/3)した際の発言を紹介。「消費税は17%まであげる思い切った税制改革が必要」「社会保障を毎年5,000億円削減」「75歳以上の後期高齢者の医療費負担は1割から3割負担にする」という日経新聞記事にあると紹介しました。財政健全化の美名の元、国民に負担をおしつけるやり方です。財界のエゴ丸出しです。大企業こそ応分の負担をするべきです。国民と共生する気持ちが全くありません。財界のモラルハザードというべきでしょうか? 税の民主主義は「応能負担」が原則であり、儲けている大企業・富裕層に応分の負担を求めるべきです・・・などと発言をしました。集会の後、城東税務署までパレードをしました。山中議員は議会の関係で出発間際まで滞在され、出発前に写真撮影しました。

 14:00~15:15は諏訪地域を路地裏宣伝。人形のケンちゃんも同行して注目をされました。

 17:00~18:00JR鴫野駅頭で鴫野後援会と「大阪市を良くする会 城東連絡会」の合同宣伝をしました。歩道上にプラスターを約20枚程並べました。壮観ですね。3名の弁士が交替しながら2巡して演説。私もこの都構想が「都」にはならない、格が上がらないどころか村以下の権限しかないものになり下がるものである事をお話しました。プラスターを真剣に見つめる方と対話ができました。「良く判らない」という声の人、「橋下市長は信用できないね」という方、「住民投票には行かないといけないの?」という方もいました。大いに都構想の危険な中味を知らせる事が必要と思った鴫野駅頭宣伝でした。

 

DSC_7338 DSC_7369 DSC_7394 006 016