ブログ

蒲生地区「平和のつどい」に参加しました

本日(8/29)14:00~15:30、蒲生厚生診療所の「蒲生地区平和のつどい」に参加。
今年は原発賠償関西訴訟の原告団代表の森松安希子さんの講演です。「普通の暮らし、避難の権利、つかもう安心の未来を」と題してお話して頂きました。
福島第一原発の事故当時、3歳の男児、生後5か月の女児を育てていての被災。その当時の状況をリアルに報告がありました。「福島の現状を正しく見ない政府」への怒り、「自分の子どもに放射能汚染になっていた水を与え続けていた」心の痛みを涙ながらにお話して頂きました。

改めて原発の恐ろしさ、被害の甚大さ、国の生存権への無策などを知らされたつどいでした。

 

005 007