ブログ

城東民主商工会第70回総会で腹話術を演じる

城東民主商工会総会の2部の最初で腹話術で政治を語りました。「夢をみました 桃太郎のその後」と題して演じました。

(その台本のストーリー概要は次のとおり)

「ゆうべ夢を見た」と私が人形に語りかける。昔話の桃太郎の続きの夢を語りはじめる。宝物のために贅沢を覚えて散財、生活が苦しくなった桃太郎。お爺さん・お婆さんの年金も年金基金の株式投資の失敗で年金が大幅削減となり頼れない。桃太郎は再び鬼退治にいくことにした。アベノミクスの円安とTPPで穀物メジャーが価格コントロールしているので小麦粉が値上がり。「以前のものより小さいきびだんご」を持って出発。…
鬼が島に到着したが、そこには悪い鬼はいない。改心して今は食堂を経営し、大繁盛。税金・経営相談は民商が手助け、心強い民商のネットワークである。悪い鬼がいないので鬼退治が出来なくなり困った桃太郎。鬼の大将が言う「鬼が島には悪い鬼はいない。鬼は国会と大阪に巣食っている」と。そこで目が覚めたと私。
今度の参議院選挙の意義、争点を語り「悪い鬼の様な政策を実行する自公政権、それを支えるおおさか維新に厳しい審判を」で締めた。

 

009 008